北と南でこんなにも違う?!馬瀬の桜の楽しみ方 (2017/4/18)

04/18/2017下呂市馬瀬

本日もフィールドワークということで地区の散策で、名丸の事務所から黒石まで行き帰り計21000歩でした。

黄色線が歩いた道を示しています。

今日はある魂胆を持ちつつ歩いてました、タイトル通り”桜”です。

気温差による桜の開花時期の違い

馬瀬は南北28kmがあーだこーだって話は昨日しましたね。

それだけ南北に長いということは気温にも違いが出てくるわけです。

桜に関して全国的に言うと東京では3月末〜4月頭ですが、北海道では5月に見頃を迎えます。

それと同じで馬瀬も地区によって桜の開花状況が変わるわけです。

それでは馬瀬の桜前線を北から南へと見ていきましょう。

数河、中切、堀之内、荻原、名丸は徒歩で、井谷、惣島、西村は愛車をかっ飛ばして行って来ました。

ピンク色の点が撮影地点になります。

開花までまだまだ:黒石・数河

黒石はつぼみも見当たらなかったので写真を撮っておりません。

数河

開花までもう少し:中切・堀之内・荻原

中切
堀之内
荻原

3分咲き:名丸・井谷

名丸
井谷

間も無く満開:惣島・西村

惣島
西村

まとめ

北から南でこうも如実に差が出るとは!と驚きですよね。馬瀬の特徴の一つとしてPRにも活かせそうです。

ところで開花時期が違う分馬瀬に住むと桜を長く楽しめるということにもなりますよね。

あと1週間ほど馬瀬の桜から目が離せません…!