初心者ブロガーにオススメするブログを更新し続けるための4つの秘訣

ブログ運営

まるでブログ毎日レベルで更新しているかのようなタイトルですが、全然そんなことないです笑

自戒も込めて、初心者のブロガーさん向けに自分の経験を含めて紹介できたらと思います。(ちなみに僕も未だ初心者ですよ)

ブログ飯といった、「ブログで食っていく!」という方が見たら「こいつ何言ってんだよ」と思われるかもしれませんが、あくまで対象は初心者ブロガーさんですのでご了承下さい。

「毎日更新」などのルールを作らない

まず1つめ。更新頻度に関してルールを設けないことです。「は?」って感じですよね。

実際このブログ開設当初の僕はやる気満々で「毎日書くぞ!」って感じだったんですが、どうしても続かなくなる時が来るのです。

理由は人によりけりですが、仕事量の変化などブログ執筆に避ける時間が少なくなったり、読者が全然増えなくてモチベーションがだだ下がりになったり…

僕はどちらも経験したことがあるのですが、ここで毎日更新というルールを作っていた場合、蜘蛛の糸が切れるかのごとく「プッツン」とブログ執筆への飽くなき向上心が途絶えてしまいます。

何でなんでしょうね。人によってはその「プッツン」という音も聞こえるらしいです。

大事なのは自分のペースで書いていくこと。書きたい時に、書きたい内容のものを、書きたいように書くこと、これがブログを更新し続けていく上で大切だと思います。

あくまでブログ更新は毎日更新とか3日に1回とかではなく、1ヶ月に1回というスパンでも更新されていると言えます。単純に更新頻度が少ないだけです。

ネタをすぐにメモる

2つめは思いついたらすぐにメモすること。日々の生活の中でアンテナを張っておくといいですよね。そしてそれを書き留めること。

家事をしていて思ったこと、仕事をしていて思ったこと。普通に生きていればブログの記事になることなんていくらでもあります。誰のためになるか分からないものでもよいのです。

重要なのはそれを思ったままにするのか、それとも記事ネタとして残しておくのか、ということです。

書き残すのは手書きノートでもいいですし、PCのメモ帳に打ち込んでもいいですし、それか今の時代だとスマホのメモ帳とかに残すのが楽ですかね。

書いておくことは、思ったことの中心つまりブログの仮タイトルとそこから思い起こされる3〜4つの見出し程度でOK。

例えば今回の記事は、朝パンを焼いていて「あーそろそろブログ書かないとだけどちょいとだりぃ」と思った時に、「この気持ちを記事にしてしまえばいい」と発想を変えたことがキッカケです。

カテゴリをしっかりと分ける

3つめはブログを書く上で意外と盲点となることです。カテゴリって重要なんです。

カテゴリ分けの仕方についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

カテゴリを分けておくと本当に記事が書きやすくなります。つまりブログを更新する上で、障壁となるものが少なくなります。

いちいち書くたびに「この記事はどのカテゴリ入れるべきか」と悩んでしまっては書けるものもかけなくなってしまいます。

ただカテゴリの最適化にはある程度記事を書いていく必要があるので、最初の最初は意識しなくても大丈夫です。20〜30記事ほど書いてから、自分の書きたい記事の分野や方向性が見えてくるはずです。

ブログ仲間をつくる

最後の4つめはお友達作りです。切磋琢磨し合える関係といいますか、そういうのって仕事においても部活においても大切ですよね。ブログ執筆に関しても同じです。

ブログ仲間の定義は難しいですが、「お互いの更新記事を確認し合える」間柄であればそれはブログ仲間なのではないでしょうか。

ある時は、自分の執筆した記事にコメントをもらい、ある時は、相手の更新記事をチェックしてコメントを入れたり。

ブログを閲覧者、さらにはコメントをくれる方が多ければ多いほどブログ執筆に関してモチベーションになります。

僕はブログ仲間はおそらく少ないほうでしょうが、やっぱりコメントを頂いたり、「ブログ見たよ!」と声をかけて下さる方がいると頑張れるものです。

趣味や関心事、記事内容が同じような方を見つけたら、即コメント・自己紹介をすることをオススメします。

おわりに

以上、今回は初心者ブロガーさんにオススメしたいブログ更新のためのtipsをいくつか紹介していきました。

僕自身更新頻度は開設当初から比べれば少なくなりましたが、不定期更新であっても思ったときに何か書くようにしています。更新をストップさせることだけは絶対にするつもりはないです。

自分のペースで好きな内容のことを、ただ少しでも誰かの役に立つような記事をこれからも書いていきたいですね。