食べる

鮎は「香魚」という別名もあるほど香りの高い川魚で、本物の鮎はスイカの香りがすると言われています。馬瀬川の鮎は日本一に選ばれたこともあり、シーズンである7~10月にはその本物の鮎を求めて日本中から客が訪れます。

朴葉すし

6~8月限定の郷土料理で、ほぐした鱒や生姜が入った甘めの酢飯を朴の葉で包んだお寿司です。地域や家庭によって材料や作り方が異なり、味だけでなくその違いも楽しむことが出来ます。

鶏ちゃん

みそやしょうゆで味付けした鶏肉をキャベツやもやしなどの野菜と一緒に炒めたものです。卵を産まなくなった鶏の有効活用法として生まれたのが起源です。この料理も家庭により千差万別です。

飛騨牛

今や日本を代表する和牛ブランドとなった飛騨牛。岐阜県内で14ヶ月以上肥育された黒毛和種かつ最高級と厳選された牛肉で、肉質はきめ細やかでやわらかく、美しい霜降りと口のなかでとろける芳醇な香りと味わいが楽しめます。

トマト

馬瀬は標高500mほどの場所で、昼夜の寒暖差が大きいため非常に甘味の多いトマトになります。果肉もしっかりしているためまるかじりにも最適で、農村風景を眺めながら食べるトマトは最高です。

 

まぜ旅トップに戻る