イノシシ肉の下処理が分からない!簡単レシピから栄養までを徹底解説

04/09/2017生活

猪肉を頂きました!じゃじゃーん!

引越しの挨拶のお礼、にと現役猟師さんからもらいました〜。昨日獲ってきたばかりだそうで見るからに新鮮ですな。

さて、如何にして食すか!とその前に一つ気になることが…

血抜きで下処理

“猪肉ってそのまま食えるんか?”ということ。

もちろん焼いたり煮た後で生肉を食べるつもりはないですが、臭いが気になったので調べてみました。

すると色々出てきまして、やはり独特な臭いを持っているようです。なぜ臭いがするかというと、ずばり”血”が原因です。

じゃ血抜きすればいいんだな!ってことで作戦開始。何も難しくない、塩水につければよいそうです。

このように塩水につけて30分、揉みこみ2回をしました。確かに血が結構出てきました。

でも猟師さんもプロだし相当下処理もされているんじゃないかとも、この一連の苦労の後に気付きました笑

調理、そして気になるお味は?

さてどう調理するか?せっかく頂いたものなのでなるべく”美味しい!”と感じながら食べたいということで、調理方法も臭いが気になりにくいものを選択。

お酒につけたり、香味野菜を使うと良いそうだったので料理酒とネギを大量投下。

そして出来たのが…薬味たっぷり猪肉チャーハン!

さて気になる猪肉のお味はというと…

美味!美味!美味!ぜんぜん臭くない!豚肉に近いけど、油がさっぱりしていて健康にも良さそう!

すでにしっかり下処理されていたのか、血抜きが上手く出来たのかわかりませんが美味しくて何より。

猪肉の栄養

カロリーは牛肉や豚肉よりも低いのに、たんぱく質は豊富。

ビタミンB2、B6、B12などのビタミンB群を多く含む。

また、脂身には女性に嬉しいコラーゲンが多く含まれているそうです。

うーん山の幸、自然のありがたみを感じますなあ。

馬瀬では猪や鹿が害獣として扱われているので、獲って持っていくと報酬がもらえるそうなんです。

食べると栄養も豊富で、害獣対策にもなるなんて一石二鳥!

自分も狩猟免許取ろうかな〜なんてね。