昨日5月14日は何の日だったでしょうか?

5月の第2日曜日、そう母の日ですね。

いつからかは忘れましたが、せこもこの日には毎年家事の手伝いをしたりプレゼントを送ったりしています。

こう見えてそういうの好きなんですよね(←いや、だからどう見えて)

 

今年はAmazonを利用して母親に日頃の感謝の意を伝えましたが、その中でギフト用の設定が出来ることに気付いたので、その一部始終を公開します!

誕生日、記念日のプレゼントにも活用出来るはずです(゚∀゚)

母の日の起源

アンナのカーネーション

母の日にはカーネーションを贈るのが定番みたいな風潮がありますが、起源的には合っています。

時は20世紀前半、アメリカのアンナ・ジャービスという女性が亡くなった母に教会で白いカーネーションを贈ったのがきっかけです。

その後アンナは母親を敬う日をつくろうとアメリカ全土に働きかけ、1914年に正式に5月第2日曜日を母の日とする法律が可決されました。

 

ちなみにアンナがカーネーションを贈った理由は母親がその花を好きだったからだそうですよ。

日本でも1947年に正式に制定

日本では1937年に森永製菓が全国的に母の日を広めましたが、その頃は第二次世界大戦中。

戦後の1947年に同じ5月第2日曜日が母の日として制定されました。

まあ今ではバレンタインやクリスマスと並んで商業主義が過ぎてLOFTをはじめとする小売店は大忙しですが、本質は見失わず母親を敬愛したいところですね。

Amazonに至るまでのせこの思考回路

では話を戻して今年のせこはどういう行動を取ったか。

結論は上でも言っていますが、Amazonでプレゼントを贈りました。

 

重要なポイントは自分は岐阜、母親は東京にいるので物理的に離れすぎています。距離にするとおよそ500km。

手伝いしに5時間かけて実家帰るわけにいかんし、てかそもそも昨日は地域PRイベントに参加していたので時間的にも無理でした。

 

そういうわけだったのでギフトという選択肢しかありませんでした。

ギフトといってもキャノーラ油とかお中元もの贈っても仕方ないし、選ぶ楽しみも欲しいな〜ってことでネットショップに決定。

 

ネットショップといえば大横綱のAmazonがありますよね。

仮面ライダーアマゾン

楽天も日本では有名ですがメルマガやら鬱陶しいので僕は断然シンプルなAmazon推しです笑

 

これまで何度も自分用に商品を購入したことはあるのですが、ギフトで利用したことはありませんでした。

ちょっとした設定をするだけでただの段ボール箱と伝票が東急ハンズで買ってきたかのようなプレゼントに様変わり〜。

新発見!Amazonのギフト設定

ギフト選び

どんなにギフトラッピングがきらびやかでも中身が微妙だったら本末転倒ですよね。

母の日に限らずプレゼント選びってかなり時間かけちゃうタイプなんですが今回は割と即決でした。

 

とりあえず「母の日」って検索してみたらこんな親切な検索結果が。

Amazonの売り上げとサービス追求への貪欲さを感じますね。

ティーポットはおしゃんだしカーネーションとスイーツセットもありでしたね。

 

ただやはり母親の好みとこれまでのプレゼント経験から次のワードを打ち即決。

も、もえにゃんこっ?!きたこれ!

検索結果に出た瞬間、「萌えニャンコ」でファイナルアンサーでした笑

 

見た目も和めるしアロマ系はあげたことないな〜と思ってピッタリでしたね。

さすがAmazon、センスが良いです(実際萌えニャンコはベストセラー認定されてます)。

同じ萌えニャンコの照明って手もあったのですが、より高価なものをという単純理由でアロマに決定。

ちなみに母親のハッピーな気分を損ねてはいけないと、価格表示は隠しています(本人に商品検索されたら意味ない)。

便利な「両方購入」機能

せこも女性美容に無知なわけではないので、アロマエキスがないとダメだなと直感。

とはいえ種類に関しては無知です、はい。

 

どうすっかな〜と悩みながら萌えニャンコアロマの商品画面をスクロールダウンすると早くもそこに救世主登場…!

Amazonの「こちらもご一緒にいかがですか?」機能。

いつも自分用になんか買う時は鬱陶しかったものがここにきて救世主に。

まんまとAmazonにしてやられた感満載ですが迷わず両方購入。

「ギフトの設定」が最強すぎた件

ついに今回せこが度肝を抜かれたギフト設定に関してです。

まずは先ほどの2商品をカートに入れてレジ画面へ。

最近まで北千住住んでた笑

いつも通り配送、支払い方法を選んで終わりかな〜と思っていると…

納品書に金額を表示しない?ギフトの設定をしてください?おやおや?

前者は文字どおり値段の表記を無くしてくれるようだが、後者はなんだ?と淡い期待を抱きながらポチっ。

すげえええ、Amazonてラッピング出来たんか!!!

迷わず赤を選択。しかも308円てそんなに高くないよ。

金額表示を消せるのもありがたいですよね。

 

そして下にスクロールすると更なる驚きの新事実が…!

メッセージカードも書けるんかあああ!!!

あ〜〜〜ま〜〜〜ぞぉぉぉん!!!

衝撃でした(結構知っている人いたらごめんなさい)。

 

ほんの少しのメッセージしか入れられませんが一言でもあるだけで貰った相手は余計嬉しいですよね。

一応言っておきますが「ギフトをお楽しみください! せこ」なんて淡白なメッセージは送っていませんからね。

「配送オプション」・「お支払い方法」の選択

ギフトの設定を保存したら、いつも通りの配送オプションと支払い方法の選択。

日時指定をすれば誕生日や記念日ピンポイントに送ることも可能ですね。

やべ!忘れてたって時もお急ぎ便を使えばなんとかなります。どちらも360円と安すぎで、ヤマトが値上げをした理由も頷けます。

ラストは個数やギフトラッピングなどの内容を確認して注文確定。

いや〜本当に簡単でスマートで言うことなしです。

あとは商品の到着を待つだけ。

2017年母の日の結果

ということでせこはこの「萌えニャンコ」のアロマセットを母親にプレゼントしたわけです。

果たしてその結果は…?!

 

丁度体調が良くなかったそうでたいそう喜んでくれました。

デザインも香りも癒し効果満載でこれは良い贈り物をしたなという感じです。

 

12日の昼頃注文して到着したのが母の日14日の昼頃。通常配送です。

 

ラッピングやメッセージがどんな感じだったかというと、Amazon公式サイトの画像をご覧下さい。

Amazon-ギフトラッピングについて

さすがに「届いたらどんな感じのラッピングされてるか確認したいから写真送って〜」なんてことを事前に送り先に頼めませんからね笑

 

とはいえ自分で選んだプレゼントを相手が喜んでくれるとこちらも嬉しいですよね。

この感覚が忘れられないからこういう日は大切にしています笑

 

皆さんも是非離れている誰かに贈り物をする際にはAmazonを使ってみてくださいな!

まとめ

今回はAmazonでギフト設定をしてプレゼントを贈る方法について扱いました。

雄大なアマゾン川

2017年母の日は終わってしまいましたが、来月には父の日がありますよ!

6月18日!メモしておきましょうね_φ(・_・

 

ただ母の日や父の日だけでなく、Amazonのギフトは恋人や友人の誕生日にも使えますよ。

覚えておくととてもとても役に立つはずです!

あ、でも「母の日忘れてたやっべー汗」って人はお急ぎ便でギリギリセーフ!笑

 

この記事をキッカケに家族や友達との幸せが一つでも多く生まれれば嬉しいです!

ところで、来月には早くも父の日があるなんて相変わらず日本の小売業は忙しいですな笑

父の日はAmazon使わなかった(追記:2017/6/18)

今日6月18日は父の日。お父様にどんな風に感謝の意を伝えましたでしょうか?

僕は今年は「ぬるくならないグラス」をプレゼントしました!Amazonではないですが笑

 

先週東京に帰った時についでに買って一週早くあげてきたのです(^ ^)

Franc Franc ロゴ ステンレスタンブラー マット 360ml シルバー

これからもAmazonやネットショップの力には世話になるつもりですが、やっぱりプレゼントは手渡しの方が良いですよね!